1. ホーム
  2. 工場直送 【】 ユミー Yummie レディース 女性用 ファッション 下着 ブラジャー Kiara Bra - Black:グッズ×グッズ 【期間限定特価】

工場直送 【】 ユミー Yummie レディース 女性用 ファッション 下着 ブラジャー Kiara Bra - Black:グッズ×グッズ 【期間限定特価】

更新日:2021年5月1日

デル inspiron 14 2-in-1 (7415 2n1)

最新のryzen 5000シリーズを搭載した 2 in 1 pc。質量は1.56kgとそこまで軽くはないものの、7万円台からと高コスパ。ペンもオプションで付けることが可能。

 

工場直送 【】 ユミー Yummie レディース 女性用 ファッション 下着 ブラジャー Kiara Bra - Black:グッズ×グッズ 【期間限定特価】

以下、ベンチマークソフトで計測したスコアを掲載します。

工場直送 【】 ユミー Yummie レディース 女性用 ファッション 下着 ブラジャー Kiara Bra - Black:グッズ×グッズ 【期間限定特価】

ryzen 5 5500uのcinebench r23のスコアは下図の通りです。スレッド数が旧世代のryzen 5 4500uの2倍になったことで、マルチコアのスコアは約30%増加しています。ライバルのcore i5-1135g7の約1.5倍ものスコアです。

しかし、シングルコアのスコアはryzen 5 4500uとほとんど変わっておらず、インテルのcore i5-1135g7よりもスコアが低くなっています。

上位のryzen 7 5700uとryzen 5 5500uとを比べると、マルチコア性能には大きな開きがあり、ryzen 7 5700uのほうが35%もスコアが高いです。

cinebench r23
他のcpuとの比較(マルチコア)
ryzen 9 5900hx 13382
ryzen 7 5800h 12604
core i7-10875h 10369
core i7-10870h 9592
ryzen 7 5700u 8445
core i7-10750h 6839
ryzen 7 4700u 6499
ryzen 5 5500u 6250
core i7-1185g7 6229
ryzen 5 4500u 4764
core i7-1165g7 4720
core i5-1135g7 4000
core i7-1065g7 3965
core i3-1115g4 2643
他のcpuとの比較(シングルコア)
core i7-1185g7 1517
ryzen 9 5980hx 1466
core i7-1165g7 1447
ryzen 7 5800h 1435
core i7-10875h 1306
core i5-1135g7 1294
core i7-10750h 1277
core i3-1115g4 1275
ryzen 7 5700u 1264
ryzen 7 4700u 1214
ryzen 5 5500u 1185
core i7-10870h 1176
ryzen 5 4500u 1142
core i7-1065g7 1126
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア

 

passmark performance test 10.0

続いて、圧縮、暗号化、物理シミュレーションなどを含む数学的計算を行うpassmark performance test 10.0のスコアを掲載します。

ryzen 5 5500uはryzen 5 4500uよりは高いスコアであるものの、約10%増のスコアに留まりました。

passmark performance test 10.0(cpu mark)
他cpuとの比較(cpu mark)
ryzen 9 4900hs 20343
ryzen 7 4800h 19080
ryzen 7 5700u 18298
ryzen 7 pro 4750u 16988
ryzen 7 4700u 14231
core i7-10750h 12866
ryzen 5 5500u 12847
core i7-1165g7 12552
core i5-1135g7 12148
ryzen 5 4500u 11515
core i7-1065g7 10483
core i7-10710u 10115
core i5-1035g4 9484
ryzen 3 4300u 8004
ryzen 7 3700u 7431
core i7-10510u 7235
ryzen 5 3500u 7179
core i5-10210u 6514
core i3-10110u 4213
ryzen 3 3200u 4166
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア

 

geekbench 5

続いて、拡張現実や機械学習などの最先端の処理を取り入れているクロスプラットフォームのベンチマークソフト、geekbench 5のスコアを掲載します。

ryzen 5 5500uは、ryzen 5 4500uよりも、スコアが約10%高かったですが、cinebench r23では大きな差をつけていたcore i5-1135g7とほぼ同等のスコアでした。

geekbench 5
他cpuとの比較(multi-core)
ryzen 9 4900hs 8129
core i7-10875h 7447
ryzen 7 5700u 6785
ryzen 7 pro 4750u 6272
core i7-10750h 6030
core i7-9750h 5784
ryzen 7 4700u 5696
core i7-10710u 5602
core i7-1165g7 5491
core i5-1135g7 5334
ryzen 5 5500u 5330
ryzen 5 4500u 4662
core i7-1065g7 4019
core i5-1035g4 3980
core i5-10210u 3821
core i5-8265u 3546
ryzen 3 4300u 3411
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア

 

リアル作業の快適性の指標となるベンチマーク

上で掲載したベンチマークは、cpuの性能を最大限引き出したときのテストで、cpuの優劣を見るのに最適でした。ただし、日常的に、レンダリングのような大きな負荷のかかる処理を行っているユーザーはあまり多くありません。そこで、次では、一般的なユーザーが利用することの多い作業を処理を実行し、快適度を数値化するベンチマークソフトのスコアを掲載します。

なお、メモリやストレージの速度などによってもスコアが変わってくるため、目安としてご覧いただければと思います。

 

pcmark 10

pcmark 10は、webページ閲覧、動画視聴といった日常的な操作の快適性の指標となる「essentials」、文書作成、表計算の使用といった仕事の快適性の指標となる「productivity」、画像編集、3d cg制作、動画編集といったクリエイティブ作業の快適性の指標となる「digital content creation」の3つについて数値化するベンチマークソフトです。

「essentials」については、ryzen 5 5500uは、旧世代のryzen 5 4500uよりは高いスコアであるものの、core i5-1135g7のインテルプロセッサーよりは劣るスコアでした。ただし、この程度のスコア差なら、日常的に使うアプリの快適度が著しく低下するということはありません。十分ストレスなく使用できます。

「productivity」については、高いスコアが出ていました。文書作成、表計算といった作業は快適でしょう。

「digital content creation」については、ryzen 5 5500uは、ryzen 7 5700uほどではないにしても、非常に高いスコアでした。ただし、後述しますが、adobe系ソフトは、インテルのcore i5-1135g7などより遅いケースが多かったです。

pcmark 10
essentials(アプリ起動、ブラウザ、動画視聴など日常操作の快適性)
工場直送 【】 ユミー Yummie レディース 女性用 ファッション 下着 ブラジャー Kiara Bra - Black:グッズ×グッズ 【期間限定特価】
core i7-1165g7 10102
core i5-1135g7 9579
ryzen 7 5700u 9443
ryzen 7 4700u 9229
ryzen 5 5500u 9147
ryzen 5 4500u 8924
core i7-1065g7 8725
core i5-1035g4 8156
productivity(文書作成、表計算などの仕事の快適性)
ryzen 7 5700u 8269
ryzen 7 4700u 7775
ryzen 5 5500u 7742
core i7-1165g7 6890
ryzen 5 4500u 6553
core i5-1135g7 6336
core i7-1065g7 5500
core i5-1035g4 5219
digital content creation(画像・動画編集などのクリエイティブ作業の快適性)
ryzen 7 5700u 5821
ryzen 7 4700u 5269
ryzen 5 5500u 5217
core i7-1165g7 4718
core i5-1135g7 4480
ryzen 5 4500u 4390
core i7-1065g7 3727
core i5-1035g4 3415
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア

 

webxprt 3

webxprt 3は、html5およびjavascriptを使って、オンラインで、画像補正、aiを使用した画像の整理、株式ポートフォリオの計算・表示、文書の暗号化とocr、セールデータのグラフ作成、オンラインホームワークといった処理をブラウザ上で実行します。pcへの負荷は軽めになります。

ryzen 5 5500uのスコアは、そこまで高くありません。インテルプロセッサーのほうが高いスコアでした。

webxprt 3
他のcpuとの比較
core i7-1165g7 266
core i5-1135g7 246
ryzen 7 5700u 240
ryzen 5 5500u 221
ryzen 7 4700u 212
core i7-1065g7 205
ryzen 5 4500u 202
core i5-1035g4 195
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア
※chromeブラウザで実行

 

グラフィックス関連のベンチマークスコア

次はグラフィックス関連のベンチマークスコアを掲載します。

なお、グラフィックス関連のスコアは、メインメモリの速度に大きく左右されます。異なるメモリが搭載されていた場合、以下に掲載するスコアとは大きく変わることもあるでしょう。今回のスコアは参考値としてご覧ください。

2021年5月21日、メモリを市販のcrucial製8gbx2へ換装したときのスコアも追記しました。 

3dmark night raid

今回の検証に使用したノートpcのメモリは、ddr4-3200のデュアルチャネルです。

同じ規格のメモリを搭載した機種と比較すると、ryzen 5 5500uは、ryzen 5 4500uとほとんどスコアは変わらず、core i5-1135g7よりも低いスコアでした。ryzen 7 5700uと比べると、大分スコアが低いです。

lpddr4x-4266のメモリを搭載したパソコンなら、同じryzen 5 5500uのプロセッサーでも、もっとスコアが伸びるでしょう。ただ、昨年の傾向を見ると、lpddr4x-4266の高速メモリを搭載したryzen 4000 uシリーズのモデルはほとんどなかったため、今年も、lpddr4x-4266を搭載したryzen 5000 uシリーズのモデルは少ないのではないかと思います。

3dmark night raid
他のグラフィックスとの比較(graphics score)
geforce gtx 1650 45149
geforce mx450 30425
core i7-1165g7
メモリlpddr4x-4266
20052
core i5-1135g7
メモリlpddr4x-4266
18718
geforce mx330 16714
ryzen 9 4900hs 16322
ryzen 7 5700u
メモリddr4-3200
16272
geforce mx250 15406
core i7-1165g7
メモリddr4-3200
14247
ryzen 7 4700u
メモリddr4-3200
13861
core i5-1135g7
メモリddr4-3200
13316
ryzen 5 5500u
メモリddr4-3200
12154
ryzen 5 4500u
メモリddr4-3200
12126
core i3-1115g4
メモリddr4-3200
11487
ryzen 3 4300u 9800
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア

 

工場直送 【】 ユミー Yummie レディース 女性用 ファッション 下着 ブラジャー Kiara Bra - Black:グッズ×グッズ 【期間限定特価】

inspiron 14 2-in-1に搭載されているメモリはそこまで速くなく、市販のcrucialのddr4-3200のメモリへ交換すると、

、以下のようにスコアがやや上がります(15%スコアアップ)。

なお、sisoftware sandraでメモリ帯域を計測してみると、標準搭載されていたメモリは26.34gb/s、市販のcrucialのメモリは31gb/sでした。

次の項目ではゲームのフレームレートを掲載しますが、標準搭載されていたメモリがそれほど速くない場合、このようにメモリを交換すると、フレームレートがやや上がるケースもあると思います。

3dmark night raid
ryzen 5 5500u
crucialメモリ16gb
14172 (crucialメモリ 16gbへ換装)
ryzen 5 5500u
標準メモリ8gb
12154

 

各ゲームのフレームレート

次に、ゲームのフレームレートを計測した結果を掲載します。

なお、ドラゴンクエストxとファイナルファンタジー14以外は、トレーニングモード等で動かしているときのフレームレートをmsiアフターバーナーで計測しています。まったく同じ状況で再現できるわけではありませんし、シーンが変わればフレームレートは変わってきます。

また、いずれのcpuも、計測した時期が異なります。ゲームのバージョンアップにより、グラフィック品質の設定項目がやや変わっており、完全に同じ条件で計測できていません。

以上のことから、フレームレートについては 、参考程度にご覧いただければと思います。

[以下のゲームのベンチマークスコアおよびフレームレートについて]
※表示しているのは平均フレームレートです
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア
core i9-10980hk
32gbメモリ
68秒
core i7-10875h
16gbメモリ
70秒
core i7-11370h
16gbメモリ
72秒
ryzen 9 5900hx
32gbメモリ
76秒
core i9-9980hk
16gbメモリ
77秒 (macbook pro 16)
core i7-10750h
16gbメモリ
80秒
apple m1 (rosetta 2)
16gbメモリ
80秒 (macbook pro 13 m1)
ryzen 9 4900hs
16gbメモリ
87秒
core i7-1165g7
16gbメモリ
89秒
ryzen 7 4700u
16gbメモリ
91秒
ryzen 5 4500u
32gbメモリ
91秒
ryzen 7 4800h
16gbメモリ
94秒
core i7-10710u
16gbメモリ
96秒
ryzen 5 5500u
crucial 16gbメモリへ換装
97秒
ryzen 7 5700u
16gbメモリ
100秒
core i7-10510u
16gbメモリ
109秒
※プロファイル補正を適用した100枚のrawファイル(1枚あたり約45mb)を同じ書き出し設定でjpegに書き出し、所要時間を計測
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア

 

adobe premiere pro ccによる書き出し時間

何か月か前までは、モバイル向けamd ryzenプロセッサー搭載pcで、premiere proで4k動画の書き出しを行うと異常に遅い現象がありましたが、最近ではそれが改善されています。ただ、10分の4k動画の書き出しに20分以上も時間がかかっているため、4k動画の編集はあまりおすすめしません。

fhd動画の編集であれば、10分の動画に対して約7分で書き出せているので、趣味でたまに動画編集をする程度なら待てる範囲です。メモリを16gbにすると、5分36秒まで短くなります。ただ、youtubeに頻繁に動画投稿する方などは、1つの動画に対して何度か書き出しをやり直すことがあることも考慮すると、もう少し高いスペックのpcのほうがいいかなと思います。カット編集、簡単なエフェクトの追加といった作業は、そこまでストレスは感じません。

adobe premiere pro ccによる書き出し時間
4k動画の書き出し
core i7-10750h
rtx 2060
4分51秒
ryzen 9 5900hx
rtx 3080 16gb
4分55秒
core i7-10870h
rtx 3070
5分15秒
core i5-10300h
gtx 1650ti
5分18秒
core i7-10750h
gtx 1650
6分34秒
core i9-9980hk
radeon pro 5500m
8分15秒 (macbook pro 16)
core i5-10300h
gtx 1650
8分21秒
apple m1 (rosetta 2) 11分3秒 (macbook pro 13 m1)
core i7-1165g7 14分12秒
ryzen 7 5700u 19分21秒
ryzen 7 4700u 19分55秒
core i5-1135g7 20分00秒
ryzen 5 5500u
crucial 16gbメモリへ換装
21分35秒
ryzen 5 4500u 22分53秒
ryzen 5 5500u 27分05秒
core i7-1065g7 27分23秒
※ 4k/30p動画(約10分)に、「テキスト」+「露光量」+「自然な彩度」+「トランジション」のエフェクトおよびbgmとなるオーディオを加え、h.264形式、youtube 2160p 4k ultra hdのプリセットで書き出したときの時間
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア
fhd動画の書き出し
core i7-1165g7 4分6秒
core i5-1135g7 4分41秒
ryzen 7 4700u 5分5秒
ryzen 7 5700u 5分18秒
ryzen 5 5500u
crucial 16gbメモリへ換装
5分36秒
ryzen 5 4500u 5分57秒
ryzen 3 4300u 6分44秒
ryzen 5 5500u 7分02秒
core i7-1065g7 7分41秒
※ fhd/30p動画(約10分)に対して、上と同様にして書き出したときの時間
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア

 

tmpgenc によるエンコード時間

tmpgenc video mastering works 7によるx265エンコード時間は、ryzen 5 5500uは非常に速いです。このような全コアの使用率が100%近くになるような処理は、ryzenプロセッサーが得意です。

tmpgenc video mastering works 7によるエンコード時間 (x265)
ryzen 9 4900hs 10分55秒
ryzen 5 4600h 13分10秒
ryzen 7 5700u 13分16秒
core i7-10750h 13分29秒
ryzen 7 4700u 15分44秒
ryzen 5 5500u 17分01秒
core i7-10710u 19分05秒
ryzen 5 4500u 19分49秒
core i7-1165g7 25分41秒
core i5-1135g7 26分03秒
※xavc sの動画(約2分、4k)をh.265/hevcへ変換したときの時間(x265のエンコーダーを使用)
 :ryzen 5 5500uのスコア
 :今回特に比較したいプロセッサーのスコア

 

まとめ

今回、モバイル向けプロセッサー、ryzen 5 5500uのベンチマークスコアを計測しました。

ryzen 5 5500uは、従来のryzen 5 4500uと比較すると、シングルコア性能はほとんど上がっていませんが、マルチコア性能は約30%向上しています。グラフィック性能に関しては、メモリの速度によって大きく変わりますが、cpu以外がほぼ同構成なら10%ほど向上していると思われます。

ゲームについては、今回、あまり速度が速くないddr4-3200のメモリが搭載されていたため、そこまでフレームレートは高くありませんでした。なお、思ったほどフレームレートが出ない場合は、市販のddr4-3200のメモリに交換してみたり、lpddr4x-4266メモリを搭載したノートpcを選んだりするといいと思います。そうすれば、軽めのゲームなら、グラフィック品質を落とすことで、ある程度高めのフレームレートが出るでしょう。

adobe系のソフトについては、処理にもよると思いますが、今回試した限りでは、あまり速くありませんでした。adobe系のソフトを使う場合は、core i5-1135g7やcore i7-1165g7を搭載したノートpcのほうがいいと思います。

 

関連ページ

{thehikaku.net}